【ワンピース考察】全キャラ強さランキングをまとめてみた!

  • 全盛期が過ぎているキャラは全盛期の強さを基準に考える
  • 海賊・海軍・革命軍などすべての立場のキャラが対象
  • 強さがわかる描写が全くないキャラは除く
  • 映画のみ登場のキャラは除く
  • [/box03] それでは早速、見ていきましょう。
    目次

    1位~10位

    1位:ゴール・D・ロジャー

    1位はやはり”海賊王”ゴール・D・ロジャーだと思います。 「ロジャーに勝った」であったり、「ロジャーは弱い」と言っているキャラが今のところ誰一人として出てきていないところが主な理由です。 この後に登場してくる伝説級の人物全員が口を揃えて「ロジャーは強かった」と言っています。 唯一並ぶ可能性があった人物が、2位に入っています。

    2位:ロックス・D・ジーベック

    2位はロックス・D・ジーベックです。 「ゴッドバレー事件」ではロジャー&ガープvsロックスの構図でしたのでもしかしたらソロだとロックス最強かとも思いましたが、やはり周りからの評判ありきでロジャーを1位にしました。 ゴッドバレー事件では天竜人を守るという足枷があったため、ガープ&ロジャーというタッグを組む必要があったのでしょう。 ロックス単体の強さは全く不明ですが、「ロジャーにとっても最初にして最強の敵だったかも知れんな…」とセンゴクの口からも語られていることから、ロジャーに次ぐ順位にさせていただきました。

    3位:エドワード・ニューゲート

    3位はやはり”白ひげ”エドワード・ニューゲートです。 ロジャー亡き後は世界最強の男と呼ばれており、生前のロジャーともライバル関係にありました。 むしろロックスさえ存在していなければ問答無用で2位なのですが、彼の存在により3位に格下げとなっております。 ワノ国編過去でロジャーと白ひげの全盛期の戦いが少しだけ描かれましたが、やはりどちらも化け物超えて怪物です。 現在出てきているどのキャラよりも強いのは間違いなく読み取ることができます。

    4位:モンキー・D・ガープ

    4位はモンキー・D・ガープです。 恐らく海軍最強の人物だと思っています。 その後の様子を見ていても、センゴクと並んで看板になっているものの単純な強さではガープが上に思えます。 ただしガープがロジャーや白ひげよりも強くなってしまうと世の中から海賊が居なくなってしまうので、白ひげの次にランク付をさせていただきました。

    5位:コング

    5位はコングです。 コングは、センゴクが大将、ガープが中将でロジャーを追っていた時代に海軍元帥だった人物で、その後はセンゴク元帥の上に全軍総帥として君臨していました。 強さは不明ですがあのムキムキな体つきを見るに戦闘向きでしょう。 普通に考えれば大将よりも元帥の方が上になりますから、センゴク<コングだと考えました。(ガープは昇格拒んでいたので別枠です)

    6位:センゴク

    6位はセンゴクです。 個人的にはあまり戦闘が強いイメージはないのですが、やはり周りからの口コミと、あの逞しい体つきを見れば恐らく全盛期はえげつない戦闘力を誇っていたのでしょう。 実力で大将→元帥にもなっていますし、当時の大将はセンゴク以外明かされていませんから、もしかしたら現在の三大将制ではなく、センゴク一強だったのかも知れません。(もちろん昇進を断り続けたガープが居ますが) 歴代海兵としてはガープ、センゴクの伝説の海兵が看板なのかなと思いました。

    7位:シルバーズ・レイリー

    続いてはレイリーです。 海賊王の右腕と呼ばれた人物ですから、船長以外の海賊キャラでは最上位となるこの位置にランクインさせていただきました。 本気の強さは未知数ですが、当時見習いをしていたシャンクスの現在よりも強くあって欲しいという願いを込めています。 ロジャー海賊団はロジャー単体の強さではなく、海賊団としての強さもある伝説の海賊団だと思っています!

    8位:モンキー・D・ドラゴン

    レイリーと迷いましたが、ドラゴンをここにランクインさせていただきました。 ドラゴンも強さ全くの未知数ですが、「海賊」「世界政府」と並ぶ組織のトップを張る人物ですから、最低でもこのくらいの強さはないと組織が持たないと思います。 またNo.2のサボも後ほどランクインしますが、サボのドラゴンへの敬い方からも割と実力は離れているのではないかな?と予想しました。

    9位:シャンクス

    ここでシャンクスをランクインさせていただきました。 現在の四皇の中では最高位となります。 懸賞金額で言うとカイドウの方が上になりますが、現在ワノ国編で、カイドウがルフィに重ねた影の中におでんやロジャーに混じってシャンクスの姿がありました。 恐らくあれはカイドウが自分よりも上だと認めた人物だと思われますので、シャンクスの方がカイドウよりも上ということでいいのではないかと考えました。

    10位:光月おでん

    ここに来るのがおでんです。 我々の記憶にも新しいカイドウとの戦いですが、正直おでんの方が圧倒的に強かったでしょう。 カイドウはそこから20年分強くなっていますが、やはりおでんの方が一枚ウワテなのではないかと思っています。 読者からの期待も込めて、おでんをカイドウよりも1つ上の順位にさせていただきました。

    11位~20位

    11位:カイドウ

    そしてカイドウです。 現在でも”サシでやるならカイドウ”と言われているくらいですから、単体としての強さはとにかくえげつないです。 個人的にはカイドウは戦闘が強いと言うよりは、「身体能力と能力が強すぎて負けることがない」という状態なのだと思います。 なので、戦闘能力を極限まで極めているような伝説的な人物たちには劣るのだと思いました。

    12位:シャーロット・リンリン

    続いても四皇、ビッグ・マムです。 ビッグ・マムもカイドウと同様で、身体能力が強すぎるあまり負けることがないタイプだと思います。 正直カイドウとほとんど同等の強さだと思っていますが、懸賞金額がカイドウの方が上であることから、カイドウの方が客観的に評価されているのだと判断しました。

    13位:エドワード・ウィーブル

    迷いましたが、ここに”自称白ひげの息子”ウィーブルをランクインさせていただきました。 彼の戦闘について描写はありませんが、「まるで若い頃の白ひげのよう」と黄猿に言わしめる強さを持っていることだけは判明しています。 もし本当に全盛期の白ひげレベルなのであればもっと上ですが、現状は七武海にとどまっているので、四皇以下のこの位置にランクインさせていただきました。 ただもしかしたら、ビッグ・マムやカイドウを超えていく可能性は充分にある人物です。

    14位:ジュラキュール・ミホーク

    続いても七武海からミホークさん。 本当は七武海最強にしたかったところですが、ウィーブルの”若い頃の白ひげ”発言に恐れをなしてミホークを下にしました。 直接対決したら頭の良さや経験値でミホークが勝つような気もしますが、逆にウィーブルが単純にパワーだけでミホークを驚かせる絵もちょっとイメージできます。 まあこれはウィーブルというより白ひげに敬意を示しての結果ですね。

    15位:クザン

    旧三大将から、クザンがここに入ります。 旧三大将の中では最も若手でもありますので、それを加味して伸びしろを考えるとクザンが一番大きな戦力になる可能性は大いに有ったと思います。 本当に海軍は惜しい戦力を失いました。 能力のスケールも大きく、なんといっても海に落ちても問題ないというところがチート級に強いです。 サカズキとの決闘は能力の相性による問題が非常に大きかったと思いますので、個々の強さで見ればクザンのほうが上だと思っています。

    16位:マーシャル・D・ティーチ

    続いては四皇で最も歴が浅いティーチです。 ティーチの強さは既に周知のとおりですが、少なくとも白ひげ海賊団の残党たちとの「落とし前戦争」に圧勝していることから、マルコ達の力は軽く上回っているのでしょう。 とはいえ過信、軽率が弱点のティーチですから、あくまでも現四皇の中ではまだまだではないかと判断しました。 ただ能力自体で言えばもちろん作中最強クラス、伸びしろも考えれば作中最強キャラですらあるのは間違いありません。

    17位:マゼラン

    ここは悩みましたが、マゼランをランクインさせていただきました。 マゼランと言えばインペルダウンでティーチ達を一網打尽にしてあと一歩で絶命のところまで追い詰めていましたが、あれはあくまでもマゼランの能力をティーチ達が知らなかったときの話です。 その後逆にマゼランが虫の息まで追い詰められてしまっています。 マゼラン1人vs黒ひげ海賊団という数的不利な状態でもあったのでティーチの方が単純に強いと言えるのか難しいところですが、グラグラの能力も手に入れたティーチのほうがやや強いのではないかと判断しました。 ただ限りなくティーチに近い実力で、政府側の人間としてはかなり大きな戦力なのではないかと思っています。

    18位:サカズキ

    旧大将であり、現元帥でもあるサカズキさんがここにランクイン。 「意外と低いな」とも思ったのですが、頂上戦争において全盛期を遥かに超え病気を患っている上に重症を負っている白ひげと戦ってもやや押され気味だったこと、結局ルフィを仕留めきれなかったことなどからこの位置にさせていただきました。 とは言え大半の海賊よりは強いですので、元帥の威厳としては充分と言えるでしょう。

    19位:ボルサリーノ

    唯一2年前から大将を継続しているボルサリーノ。 能力がチート的に強すぎるあまり、個人の基礎戦闘力がクザンやサカズキに比べて劣るような印象があったので、ここにランクイン。 能力で無双できるレベルまでの敵であればほぼ無敵ですが、覇気を習得した相手にはことごとく止められている印象があります。 ボルサリーノ自身がもう少し貪欲に鍛えれば最強クラスのキャラになりそうですが、そんなふうにも見えないのでこの位置となりました。

    20位:ベン・ベックマン

    続いては現役四皇二番手として最高位のベン・ベックマンさん。 「赤髪海賊団は幹部達が個々に名を挙げている」「頂上戦争で黄猿を止めている」これらのことから四皇の本人たちに極めて近い実力を持っているのではないかと思いました。 恐らく四皇新入りのティーチよりも経験、実力ともに上なのではないかと思います。 危険度が何とも言えないので懸賞金がどこまで高いのかは何とも言えませんが、赤髪海賊団の幹部達は20億近くいっている可能性もあるでしょう。

    21位~30位

    21位:サボ

    ここにサボをランクインさせてみました。 ドレスローザではイッショウと戦っていましたが、お互い本気ではなかったため強さのほどはわかりません。 ただ革命軍No.2と呼ばれる実力ですから、四皇2番手くらいの実力はあってもいいのではないかと思いこの位置にさせていただきました。 またイッショウとの力関係ですが、サボは能力を習得したばかりでまだ伸びしろがある状態だったので、現在は若干サボの方が上なのではないかと思っています。

    22位:イッショウ

    そしてイッショウさんをここにしました。 ほぼサボと同じ強さで、歴の長いボルサリーノよりもやや劣っているのかな?といった印象です。 ただ彼は恐らく武器が能力を食べているため厳密に”本人の強さ”というわけではない可能性が高いのですが・・・。 それでもイッショウ自身は盲目ですが戦闘で全くハンデになっていませんので、見聞色の覇気をかなり高いレベルで使いこなしているということでしょう。 この辺りから、しっかりと基礎戦闘力の高さも伺えます。

    23位:スコッパー・ギャバン

    現役四皇たちのクルーに行くか迷いましたが、ここは伝説のロジャー海賊団3番手のギャバンを選びました。 おでんが入る前の話ですが、ギャバンは恐らくレイリーと並ぶ戦闘力を誇りロジャー海賊団を支えていたのでしょう。 現在の姿も登場していなければレイリーのように逸話が出てきているわけでもないので性格にはわからないのですが、少なくとも現在の四皇ならばNo.2には食い込めるくらいの実力はあるのではないかと思っています。 斧を使っていることから「銀斧」の正体として期待したいところですが、個人で名をレイリーを差し置いて個人で名を挙げているとは思えないので恐らく別の人物でしょう。

    24位:マルコ

    元世界最強の男の右腕をここにランクインさせてみました。 正直頂上戦争ではマルコの戦闘力はあまりわからない部分が多かったのですが、現在ワノ国での活躍を見てみると改めて基礎戦闘力の高さが伺えます。 そもそも見習い時代にはロジャー海賊団のシャンクスと対になるような存在でしたから、現在は少し差がついてしまったと言え他四皇の幹部達よりも頭一つ抜けていると考えています。 ルフィとしては味方についてくれてこれ以上ない戦力になると言えるでしょう。

    25位:ラッキー・ルウ

    マルコを除けば、赤髪海賊団の幹部達がやはり続々とランクインしてくると見えます。 ラッキー・ルウはおそらく赤髪海賊団の三番手的存在っぽいので、ここにランクインさせていただきました。 銃を使うことがわかっていますが他は不明のため、戦闘スタイルが明かされる日が楽しみですね!

    26位:ヤソップ

    続いてはヤソップです。 ラッキー・ルウと仲が良く、よく一緒に描かれていますね。 また狙撃手としては恐らく世界最強だと思われます。 ウソップがどこまで彼に近づくことができるのか、成長に期待しましょう。

    27位:ジョズ

    その他赤髪海賊団幹部は不明なため、ここでマルコと並んで白ひげ海賊団を支えていたと思われるジョズがランクイン。 頂上戦争以降の状況が描かれていないため現在どうなっているのかが不明ですが、青キジにやられて腕を失ってしまっている可能性もあります。 マルコと結託して今後ルフィサイドに関わってくれればその強さをしっかり見せてくれるに違いありませんので、今後の展開に期待しましょう。

    28位:ビスタ

    続いても元白ひげ海賊団から”花剣”のビスタ。 本気の戦いこそ描かれていないものの、頂上戦争では世界最強の剣士であるミホークと対等に渡り合っていました。 どちらも様子見でしたが、恐らく剣士の中ではミホークに次ぐ実力者と言える強さなのではないかと思います。 またおでんの過去編で白ひげ海賊団が描かれた際にすでにビスタはいましたので、古株でもあることがわかります。 実質世界二位だと思われ、白ひげ海賊団きっての剣士であるビスタでした!

    29位:シリュウ

    ここで、現状わかっている黒ひげ海賊団の中で最も戦闘力が高そうなシリュウがランクイン。 他の幹部達の強さがいまいちわからないというところで、今後激変する可能性はあるのですが、この位置にさせていただきました。 もう少し上になるのかなとも思ったのですが、剣士としてビスタよりは下であって欲しいという個人的な願望もあり、この位置に。 ただスケスケの能力も得ていますし、ビスタよりも上に行く可能性も大いにあるのかな、とも思っています!

    30位:キング

    現世界最強の男の右腕、キングがここにランクイン。 現在はマルコによって足止めされていますが、キング単体での強さは未だ未知数です。 種族の謎もありキングはまだまだこれから明かされていくキャラだと思われますが、現状は強さの底を見せていないためこの位置とさせていただきました。 恐らく今のルフィよりは強いのかも・・・?

    31位~40位

    31位:ボア・ハンコック

    これはかなり大穴ですが、ハンコックをここにランクインさせてみました。 賛否あるかと思いますが、私はハンコックの戦闘力はかなり高いものだと思っています。 覇王色持ちで武装の覇気もマスターしており、加えて能力によって敵を石にすることもできます。 身体能力も高くてまだ強さの底を見せていないので、期待の意味も込めてこの位置とさせていただきました。

    32位:モンキー・D・ルフィ

    ルフィは個人的にはこの位置。 ハンコックよりも若干劣っているかなという印象で、まだまだ伸びしろの塊ですね。 ワノ国編が終われば新しい力がもっと詳しくわかり順位アップしそうな気がしますが、現状はこんなものなのかなと。 主人公だからと言って圧倒的一位とかでは無いのがいいところでもありますね。 最終的にはどこまで上がっていくのか楽しみですが、海賊王になったロジャーと比べてルフィはまだまだ若いですから、強さではトップまで上り詰められないような気がしています。 とはいえ四皇クラスにはなって欲しいのもあり・・・ 現実的にはトップ10入りできれば十分と言ったところですかね。

    33位:シャーロット・カタクリ

    ホールケーキアイランドでルフィと激闘を繰り広げたカタクリがここにランクイン。 正直ルフィより上な気もしていますが、まぐれではなくルフィは今もしっかりと未来を読む力を身につけられていますので、カタクリを超えたということでこの位置にさせていただきました。 カタクリは敵ながらあっぱれな性格で人気も高いキャラですから、ほぼ間違いなく再登場するでしょう。 その時にはルフィと共闘なんて形があるとアツイですが、ビッグ・マムを裏切るような筋の通らないことはしないでしょうから、恐らく良きライバルのような形になるんじゃないですかね。 そのあたりも含めて非常にかっこいいキャラクターです。

    34位:ジンベエ

    続いてはジンベエ。 麦わらの一味に加わったばかりですが、強さとしては正直ルフィに匹敵するものがあります。 2年前のルフィよりは上でしたし、現在も経験値を踏まえればほぼ同格と言って良さそうです。 またジンベエは出てくるたびに強くなっているような不思議な感じがしており、常に少し余裕のある戦いをしていますね(頂上戦争を除いて) 仁義にアツくめちゃくちゃカッコイイキャラなので、ぜひこれからも活躍していって欲しいキャラの1人でした!

    35位:ポートガス・D・エース

    ジンベエとほぼ同率でエースがランクイン。 エースが白ひげ海賊団に加入するきっかけとなったジンベエとの決闘は有名な話ですが、ほぼ実力は同格だったと見ていいと思います。 その後お互いに成長をしているでしょうからどうなっているのかというところですが、個人的にはあらゆる苦労をしてきたジンベエの方が一枚上手なのかな、と思っています。 年齢もかなり上ですしね。 惜しいのはエースが20歳という若さでありながら既に亡くなってしまっていることです。 覇気の設定が今ほど細かくなる前に亡くなってしまったため、現在の環境に照らし合わせるといまいちどの辺りの強さなのかが分かりづらいというのが正直なところですね。 とは言え2年前の時点でもこのくらいの強さはあったと思い、ここにランクインさせていただきました!

    36位:アバロ・ピサロ

    この辺りから、Level6勢がランクインしてきます。 やっぱり一度捕まっている以上、捕まらずに海賊している勢よりもやや劣るのかなというのが個人的な印象です。 あと個人的には、黒ひげの提案に乗った者たちは、乗っていない者たちよりもレベルが低い者たちなのではないかと思い、この位置にしました。 言ってしまえばジンベエとか、映画の話になりますがバレットとかは黒ひげの誘いに乗っていないですからね。 黒ひげ海賊団の中では一番強そうかな、という理由でアバロ・ピサロがここにランクインとなりました。 もしよろしければこちらの記事も御覧ください。 >>>【ワンピース】黒ひげ海賊団の強さを予想!誰が一番強いのか?

    37位:バスコ・ショット

    ピサロについで黒ひげ海賊団からバスコ・ショットがランクイン。 まあ得体の知れない不気味な雰囲気ですが、強さとしてはそこそこであると思います。 というかそこそこのレベルでなければ、黒ひげ海賊団倒すのが実質不可能になってしまいますからね。 バスコ・ショットは能力者なのかどうかも気になるところでありますが、麦わらの一味と戦うとしたら誰でしょうね? サンジあたりでしょうか…? そんな予想もしながら、謎多き黒ひげ海賊団の今後を楽しみにしていきたいと思います。

    38位:ドンキホーテ・ドフラミンゴ

    ここでドフラミンゴを食い込ませてみました。 というのもドフラミンゴも現在Level6の囚人ですし、紛れもなくどこかの国に紛れ込んだら滅ぼしてしまうレベルの極悪人ですよね。 サンファン・ウルフよりも上にしたのは、ドフラミンゴが頂上戦争でリトル・オーズJr.を軽くあしらっていたからです。 予想としては同じ系統のサンファン・ウルフとリトル・オーズJr.ですが、強さはあまり変わらないかもしかしたらオーズの方が上だと思います。 ドフラミンゴの能力であの巨体の足でも簡単に切り落とせることがわかっているので、この位置にランクインさせていただきました。 現在はすっかり新聞おじさんになってしまっているドフラミンゴですが、今後はどうなるんでしょうかね…? 彼の名言っぷりが私は大好きなので、今後もちょこちょこ登場しては名言を世に残していっていただきたいところです!

    39位:ロロノア・ゾロ

    ここでゾロさんをランクインさせてみました! 現在ワノ国で最も成長しそうな兆しを見せていると言っても過言ではないゾロさんですが、とりあえず現状でもこの辺りの実力があると思われます。 次に紹介するサンファン・ウルフは恐らくパワー系のため、しっかりと覇気を使って戦うことができれば勝てるのではないかと思います。 またゾロに至っては刀が変わることでパワーアップする可能性もありますし、黒刀に”成る”ことでさらなるパワーアップも望めるため伸びしろ全開です。 ワノ国編終わりでゾロの強さがどこまでいくのか、これを楽しみにしないワンピース読者はいませんね!

    40位:サンファン・ウルフ

    ここでサンファン・ウルフです。 彼は巨人族だということがビブルカードで判明していまして、更に身長が「最大180m」になるのは能力の影響だというような書かれ方をしています。 元が巨人族で更に大きくなれる能力なのであれば恐らくゴリゴリのパワー系だと思いますので、しっかりと戦闘力を備えた人間であれば案外倒せるのではないかと思います。 あるいはただ大きくなるだけの能力でなかった場合には、巨体と相まってかなりの脅威になりそうですが・・・ 今の所はこんなものなのではないかぁ…と思います。

    41位~50位

    41位:カタリーナ・デボン

    黒ひげ海賊団新参組では、カタリーナ・デボンが最下位なのかなと思っています。 理由は単純に女性キャラだからで、そもそも作中で圧倒的に戦闘力高い女性キャラってビッグ・マムくらいじゃないですかね? 他にもハンコックとかスムージーとか強キャラはいますが、圧倒的な強さって考えるとやっぱりナチュラルボーンモンスターであるビッグ・マムくらいかなと思います。 となると、ワンピースの世界でも戦闘においては男性のほうが有利は有利ということですね。 デボンは能力も判明しているので、じつは黒ひげ海賊団の中では情報が多い方のキャラです。 九尾の狐の能力が変身以外に何ができるのか、といったところですが、恐らく麦わらの一味と戦った際にはナミ辺りが戦うことになるんじゃないかな…?と思っています!

    42位:ユースタス・キッド

    個人的には最悪の世代がこの辺りに台頭してくるのかなと思っていて、そのトップにキッド(ルフィ、ゾロを除いて)が来るのかなぁ…という感じです。 新世界で最悪の世代たちとの関わりが徐々に出てきてそれぞれの戦闘スタイルや能力、強さもなんとなくわかってきましたが、やっぱりキッドは強いです。 能力もシンプル目でパワー系、性格も冷酷なだけかと思いきやしっかりと仲間思いで船長の器があり、ルフィのライバル的な立ち位置として描かれています。 加えて覇王色持ちということもあり、やはり最悪の世代の中でも戦闘だけで考えればトップのものだなと思いました。 気になるのは失われた左腕ですね、この辺りは恐らく今後しっかりと描かれるでしょう。 四皇にも臆することなく挑んでいく、最近株急上昇中のキッドさんがランクインでした!

    43位:トラファルガー・D・ワーテル・ロー

    キッドと来ればやはり続くのはローですね。 2年後になってからまさかのほぼずっとルフィ達と一緒にいるので、もうほぼ麦わらの一味みたいになっていますね。 彼は全能力の中でも非常に特殊で、かつ重要な意味を持つ能力”オペオペの実”を持っています。 世界政府の上層部すら注目するような能力ですから、もっとローの能力に焦点が当てられる展開がきても全く不思議ではないです。 加えてこのタイミングで「Dの一族」であるということが明かされましたので、ほぼ確実に今後もルフィ達と行動をともにするのでしょう。 また各エピソードで的の幹部級を撃破してくれていますから、強さとしても申し分ありません。 ルフィ、キッド、ローの3船長にはぜひともこれからも海賊世界の世代交代を引っ張っていってほしいところですね!

    44位:傳ジロー

    他の飛び六胞の強さがいまいちわかっていないだけに、赤鞘がこの辺りに食い込んでくる可能性が高いです。 個人的に、赤鞘では傅ジローが最も強いと思っています。 特殊な能力こそ見せていませんが、ヒョウ爺についでワノ国の裏の顔を担っていたことやゾロの剣技を軽くいなす描写から、素の剣術がかなり高いレベルで扱えるキャラだと思っています。 錦えもんと並んで赤鞘の中でもリーダー的存在であることから、傅ジローを赤鞘トップのこの位置にランクインさせていただきました。 一度戦闘不能になってから再起したところですので、この後誰と戦うことになるのか見ものですね! やはり親友だと言っていたササキ辺りと戦うために、フランキーと合流するのでしょうか。

    45位:アシュラ童子

    傅ジローに次ぐ赤鞘の実力者は、やはりアシュラでしょう。 極めつけはなんと言ってもジャックとの一騎打ちですね。 ワノ国の中で一大勢力を誇る「頭山盗賊団」を仕切っていたことからも、その実力の高さが伺えます。 現在はカン十郎の絵と相打ちになってダウンしてしまっていますが、非常に大きな戦力ですのでぜひとも再起してほしいところです。 せめてカン十郎の本体を討って欲しい、そんなところです。

    46位:エネル

    ここで大穴、エネルさんです。 2年前は正直誰も覇気を使えなかったためかなり無敵の能力でしたが、それなりの実力があれば覇気を使える今、エネルがどこまで通じるのかが見ものです。 とはいえ”ゴロゴロの実”の能力が最強レベルであることは変わりなく、むしろエネル自身も武装の覇気をマスターしていたらもっと上位に行く可能性は大いにあります。 今の所、エネルは自身の能力に頼りすぎている感じの印象でしたのでこの位置にさせていただきました。

    47位:イヌアラシ

    47位は同率になりますが、イヌアラシとネコマムシがランクイン。 素の状態だとそこそこの強さですが、彼らは月の獅子化することができるので、そのリスクなどを踏まえるとこの辺りになるのかと思います。 リスクを考えずに単純な強さであればもっと上といったところでしょうか。 なんと言ってもあのジャックを圧倒して戦闘不能にまで持っていきましたからね、2人がかりですが。 そしてイヌアラシに関しては再起した後も再びジャックと相まみえていますので、ここで真に決着がつくのでしょう。 どちらも手負い、素の力であればジャックの方にやや分があるようにも思えますが、どうなるのでしょうか…。 なんとか頑張って欲しいところですね。

    47位:ネコマムシ

    そしてイヌアラシと同率でネコマムシがランクイン。 片手が機関銃のようになったことで戦闘力はアップしているのか、定かではありませんが、まあほぼイヌアラシと同じ強さでしょう。 まだネコマムシは錦えもん達と一緒に行動していますから、どこで誰と戦うことになるのか見どころです。 個人的にはイヌと共闘でジャックと戦って欲しかったですが・・・。 ネコ対決で言うと、ジンベエと合流してフーズ・フーの猫軍団と戦うのも面白そうです。 先程傅ジローがフランキーと合流してササキと戦う流れを予想しましたので、もしかしたら赤鞘達は麦わらの誰かと合流して、飛び六胞と戦うことになるのかも知れませんね!

    49位:クイーン

    クイーンはこの辺りでしょうか。 赤鞘達の中に入ってくるような強さなのかな、と思っています。 ジャックが圧倒されていたイヌ・ネコよりも強いとはちょっと考えづらかったので、イヌ・ネコの下にランクインさせていただきました。 まだあまりクイーンの強さが描かれていませんが、もしチョッパー辺りに倒されるのであればもう少し下になるかも知れません。 現在はキングと共闘してマルコと戦っていますから、この後誰と真剣勝負になるのか、それ次第でもう少しランキングが上下してくる可能性は大です。 とはいえやはり展開的にはモンスターポイントのチョッパーと戦うことになりそうですので、チョッパー+誰かと戦うということで間違いなさそうです。 恐らく赤鞘の誰かで、マルコが近くにいることからイゾウ辺りが来るのかな…?と思っています。

    50位:ディエス・ドレーク

    最悪の世代だと続いてはドレークかアプー辺りだと思いますが、ワノ国での戦いを見てドレークをランクインさせていただきました。 そもそも最悪の世代でありながら、四皇の傘下ではなく幹部になっているのってドレークだけですよね。 まあ彼本当は海軍のスパイなのですが… アプーが全く歯が立たなかったことから、その強さはかなりのものだと思われます。 そもそも飛び六胞の一角を担っているわけですから、現在ワノ国にいる勢力の中でもかなり上の方の実力ということでいいと思います。 恐らくは赤鞘達の一部よりも単体では上だと思われます!     いかがでしたでしょうか。 直接対決が描かれていないケースがほとんどなうえ、能力の強さ+本人の戦闘能力など考慮すると候補はいくらでも出てきてまとまらなかったというのが正直なところです。 また50位まで書いてもまだ最悪の世代上位ですから、全員書こうと思ったら200とかになるんでしょうか…。恐ろしい。 全キャラが絶賛成長中ですので、ランクングはすぐに更新されると思いますが、ぜひ皆さんのご意見も教えて下さい! 一緒にワンピースを盛り上げていきましょう!]]>


    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる