【ワンピースネタバレ考察1013話確定】ゼウスがついに!?ルフィとカイドウの決闘にも動きが!

onepiecenetabarekousatu
管理人アース

今週5月17日発売の週間少年ジャンプのワンピース1013話のあらすじと感想、考察です!

1013話のタイトルは「Anarchy In The BM(アナーキー イン ザ ビッグ・マム)」。

また随分と何かありげなタイトルです・・・。

Anarchy…無政府、無秩序な状態のこと。

ビッグ・マムが暴れるであろう展開が予想できますね!

目次

ワンピース 前回までのあらすじ

前回1012話では、うるティにお玉を傷つけられてビッグ・マムが怒り爆発。

しかしそれ以上にナミが大激怒し、ナミがうるティに攻撃を仕掛ける展開に。

ナミの攻撃はうるティに効いているのか?

ナミとうるティの戦いはどうなるのか?

そしてそこにビッグ・マムはどのように関わってくるのか?

女同士の戦いに見所満載な予感です!

>>>前回のワンピースのネタバレ考察【1012話】

ワンピースネタバレ1013話「Anarchy In The BM」あらすじ

ビッグ・マムに討ち取られるうるティ

ナミの攻撃は効いていないこともなさそうですが、やはり恐竜能力者であるうるティは難なく起き上がります。

お玉も相当な傷を負っており、ウソップ、ビッグ・マムに心配をされ、ナミがうるティに更なる攻撃をしようとしている状態です。

やっと覚悟決めたでありんすか…

”トルネード”=”テンポ”!!!

ギャーー!!

久々にナミの”トルネードテンポ”が炸裂したかと思いましたがうるティは避けており、ついにナミに掴みかかります。

絶対に動けないって…

わかる?

やっと粉々にできる!!

その頭!!

両手を掴まれて頭突きを喰らいそうになり絶体絶命のナミ。

その時、ビッグ・マムのホーミーズたちが合体し始めました。

”合体”!!!

”鳴光砲(メーザーほう)”!!!

雷のレーザーのようなものがうるティの体を貫き、うるティもダウンしました。

お玉を傷つけやがって……!!!

ゼウス、涙の別れ

そんなホーミーズ達の連携技を見ていたのは、元雷担当のゼウス。

自分の知らない雷”ヘラ”がビッグ・マムや他のホーミーズ達と仲良くしている様子を恨めしそうに眺めています。

新ホーミーズ達はゼウスに変わって入ったヘラに興味津々、ゼウスのことなど全く気にも留めていません。

なーおれ達気が合うよな〜!!

これゼウスのバカじゃできなかった技なんだ!!

いや私と呼吸が合ったんですよね!?ヘラ

調子にのらないでよおバカさん達♡

私はママに従っただけ

おれが「彼女が欲しい」ってママに頼んだんだぜ!?

いやよ♡

楽しげな様子を眺めるゼウスの目には涙が。

そんなゼウスにナミが気付きますが、以前に裏切られたことで絶交したため知らんぷりをします。

とうとうビッグ・マムがゼウスの存在に気付きますが、ビッグ・マムからゼウスはもういらないと言われてしまいます。

ヘラ!!

ゼウスを食っちまいな!!

あいつの魂でお前はもっと強くなる!!

オホホ♡

ありがたくママ!!

新たな雷”ヘラ”を強化するために食われそうになったゼウスは、ナミに涙ながらに語りかけます。

ごめんよ!!さっきは殺そうとして!!!

おいら臆病だからママに逆らえなぐて!!

自分の命が惜しくて優しくしてくれたナミを裏切って……!!

おいら臆病者で卑怯者だ!!

知らないわよ!!

絶交したでしょ!!?

わがってる…!!

なのに結局こっちでもお払い箱で……!!

とうとう一人ぼっちになっちゃった!!

今から殺されるんだけど…!!

皆に嫌われたまま死にたくない!!

許さなくていいから…

見てて!!

おいら最初で最後の”反抗”をする!!

せめて一人に償って死ぬ!!!

ナミ!!逃げてー!!!

これがおいらの生き様だァ〜!!!

最後の力を振り絞って攻撃をしようとしたゼウスですが、ビッグ・マムに魂を抜かれたことで呆気なく萎んでしまいました。

ナミが最後の情けでブラックボールを与えてゼウスを逃がそうとするも既にゼウスにその力はなく、とうとうヘラに食われてしまいました。

キッドvsビッグ・マム

ゼウスが食べられる様子を見ていたお玉は、ウソップとナミを連れて逃げようとします。

するとビッグ・マムは自分の元から去ろうとするお玉に対して先程までの態度からは打って変わって、攻撃を仕掛けようとしてきました。

お玉♡

なぜおれから逃げるんだい…!?

おれァ”去る者”が大嫌い……!!!

殺さなきゃね〜〜〜〜!!!

ナポレオンで斬りかかってきたビッグ・マムの攻撃を止めたのは巨大な鉄製の手。

”磁気”

”弦”!!!!

屋上からビッグ・マムを追ってきたキッドがここで合流です。

鬼ヶ島から落下するルフィ

場面変わって屋上のルフィvsカイドウ。

前回モモの助から「ルフィは変わらず元気」と明かされていましたが、なんとカイドウに敗北、鬼ヶ島から落下しています。

結果は見えていた…

強ェ武器を手に入れて…

調子に乗ったな若僧…!!

人間は希望を捨てねェ…

いや

捨てられねェのさ…

それが厄介…!!

久しぶりに熱くなって…

おれはしくじった…

お前の首を切って「勝利宣言」をすべきだったんだ

でなきゃみんながお前の勝利を

信じ続けちまうだろう……?

白目を剥いて鬼ヶ島から落下するルフィ。

この僅かな間に一体何があったのか?

>>ワンピースネタバレ1013話につづく

ワンピースネタバレ1013話の感想と考察

今回の考察ポイントは、このようになっています。

◆ワンピース1013話のポイント

  • プロメテウスの頼みは「彼女が欲しい」だった
  • ゼウスは復活する?
  • ビッグ・マムの”去る者”を嫌う姿勢はどこから?
  • やはりモモの助の感じた”声”は正しかった!
  • ルフィを救うのはモモの助とヤマト?

順番に見ていきましょう!

①プロメテウスの頼みは「彼女が欲しい」だった

以前にプロメテウスの口から直接ビッグ・マムに伝えられていた「お願い」。

これまではてっきり「ゼウスをクビにして新しい雷を作る」ことだと思っていました。

半分は正解のようですが、どうやらプロメテウスの真のお願いは「彼女が欲しい」だったようです。

そんなことのために、長年一緒にやってきたであろうゼウスを簡単に切り捨てたプロメテウス。

今回のゼウスやヘラに対する態度を見ても、どうも好きになれません。

何だか以前よりも性格が悪くなっているような気がしますが、きっと気のせいですね。

ビッグ・マムとその手下達には、読者も感情を翻弄されまくっています。

②ゼウスは復活する?

自らの死を悟り、自分に優しくしてくれたナミへの償いをしようと覚悟を決めたものの悲しくも吸収されてしまったゼウス。

てっきりナミの元につくとばかり思っていたので、これには驚いた読者も少なくないはず!

そしてナミとしても戦力アップのためにゼウスを欲しがるとばかり思っていましたが、裏切られて絶交したからもう関わらないというのは意外な反応でした。

ゼウスはヘラに食べられてしまいましたが、このまま終わってしまうのでしょうか?

個人的には、ゼウスの復活があると思っています。

ヘラがゼウスを食べたというのが味噌で、食べられたゼウスが中からヘラの魂に打ち勝ち、最終的にナミの手助けをするのではないでしょうか。

元のゼウスよりも強力になったゼウスがいれば大助かりですからね。

しかしもしそのような展開があったとしても、ゼウスが今後ナミと一緒に冒険についてくるということはないように今回のやりとりを見ていて感じました。

やはりゼウスで強くなったからといってもそれはゼウスの強さであって、ナミの強さではありません。

心を開いてくれたことで一時的には仲間になるかもしれませんが、最終的にはナミが自力をアップさせるという展開がくるような気がしています。

③ビッグ・マムの”去る者”を嫌う姿勢はどこから?

”マザーモード”の発動により絶対安全と思われたお玉ですが、ビッグ・マムから逃げようとすると打って変わって命を狙われることになりました。

おれァ”去る者”が大嫌い……!!!

とのことですが、あれだけ大切に思っていたお玉ですら攻撃の対象にしてしまうほどの”去る者”嫌いには一体どんな理由があるのでしょう?

幼き頃に、両親を初め関わってきた人たちが自分に恐れをなして去っていってしまったことが原因だとは思われますが、何かもう少し深い話が今後明かされるかもしれません。

明かされるとしたら”エルバフ編”でしょうか・・・。

であればワノ国ではビッグ・マムは討ち取れず、エルバフまで持ち越すことになりそうです。

④やはりモモの助の感じた”声”は正しかった!

前回モモの助は、屋上の声を感じこのようにいっていました。

さっきと同じでござる…

弱っているが元気だ

しかし、ここで言う”さっき”というのは覇王色を纏えるようになる前、カイドウの人獣型に手も足も出なかった時の話。

今は覇王色を纏えるようになり、人獣型のカイドウとも明らかに互角にやり合っていました。

ということは、同じであるはずがないんです。

それではモモの助が感じたこれは何を意味していたのかというと、再び手も足も出ないような状態になっていることを示していたのではないでしょうか。

だとすれば今回、突然ルフィがやられてしまったのも納得ができます。

⑤ルフィを救うのはモモの助とヤマト?

ビッグ・マムに次いで鬼ヶ島から落下してしまったルフィ。

ビッグ・マムと違って空をとんで助けに来てくれるような仲間もいない(これを見ている者の中には)ので、下手したらこのまま海に落ちてしまう可能性だってあります。

この後ルフィに訪れる展開をいくつか予想してみましょう!

1.モモの助が助けに来る

大本命としてはやはりモモの助。

カイドウと同じ龍になれる能力を持っているため空を飛ぶことができ、しかもルフィの声を常に感じ取っているのでやられたことにも気づいている可能性が高いです。

現状は、しのぶとともにいて錦えもんとの合流を図っていますから、合流が間に合っていれば錦えもんと一緒に来るでしょうし、まあタイミング的にまだ合流できていなさそうなので一人で来る可能性も十分あると思います。

直接助けるでなくても、例えば焔雲を発生させてルフィを乗せることができるなんていう可能性もありますね。

ルフィのピンチだからこそ、同盟を結んだ大将同士であるモモの助に駆けつけて欲しいものです。

2.ヤマトが助けに来る

続いてはヤマト。

モモの助と違い、ヤマトはそもそもルフィ、カイドウの元へと向かっていますから、ルフィの様子に気がついて助けに行く可能性があります。

その場合、ヤマトが空を飛べる系の能力である必要がありますが、もしかしたらルフィを救ったタイミングで能力が明かされるなんていう展開もあるかもしれません。

しかしどうでしょう・・・

ヤマトがそこまで活躍してしまうと、モモの助の立場がちょっとなくなってしまう気もします。

個人的には、モモの助がルフィを助け、ヤマトはそこに追い討ちをかけようとするカイドウを止めて欲しい気持ちもあります。

ヤマトの目的はあくまでカイドウですから、カイドウvsヤマトの戦いが見られるとしたらこのタイミングでしょう!

3.麦わら大船団に助けられる

大穴で、海まで落ちた結果そこに麦わら大船団の船が来ている可能性です。

可能性としては限りなく低いと思いますが、0ではないので一応入れておきます。

あるいは大船団でなくても、革命軍の船なんかでも面白いですよね。

いずれにしてもしばらく鬼ヶ島の様子しか描かれていませんから、地上に大きな変化が起こっていても何ら不思議はありません。

ワンピース1013話まとめ

以上、1013話のまとめでした。

タイトル通り、ビッグ・マムの”なんでもあり”な状況に振り回された回となりました。

次号は休載となります。

休載明けは物語が大きく動きますので、待ち遠しいですが気長に待つことにしましょう。


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる