【ワンピース考察】覇王色をまとうことができるのは誰?予想してみた!

onepiecenetabarekousatu

>>>【ワンピース考察1010話確定ネタバレ】ゾロの大技炸裂!覇王色の覇気の新たな使い方が明らかに!

  • 覇王色の覚醒者まとめ
  • 覇王色が覚醒していても、まとえるとは限らない・・・?
  • 予想!覇王色をまとえる者
  • 武装色をまとうのと何が違うのか?
目次

覇王色の覚醒者まとめ

覇王色をまとえるかどうか以前に、さすがに覇王色が覚醒していないとまとうことはできないでしょう。 というわけで、現時点で判明している覇王色の覚醒者をまとめてみます。 [box03 title="覇王色の覚醒者"]
  • ゴール・D・ロジャー
  • エドワード・ニューゲート
  • シルバーズ・レイリー
  • センゴク
  • 光月おでん
  • シャンクス
  • シャーロット・リンリン
  • カイドウ
  • チンジャオ
  • シャーロット・カタクリ
  • ポートガス・D・エース
  • ボア・ハンコック
  • ドンキホーテ・ドフラミンゴ
  • モンキー・D・ルフィ
  • ユースタス・キッド
  • ロロノア・ゾロ?
  • ダグラス・バレット
[/box03] 一部映画のキャラや未確定のキャラも居ますが、総勢17名のキャラが現在覇王色の覇気が覚醒していると言ってよさそうです。 ゾロは昔から覇王色を思わせるような描写がありましたので、「ようやく来たか…!」と思っている読者の方も多いのではないでしょうか。

覇王色が覚醒していても、まとえるとは限らない・・・?

そして1010話でのカイドウの発言から、覇王色が覚醒しているからと言ってそれを攻撃に纏わせることができるわけではなさそうなことが伺えます。
ルフィ:「覇王色」も……     まとえるんだろ……!? カイドウ:ウォロロロロロ……!!      ひと握りの強者だけな!!!
そもそも覇王色が覚醒している時点でカイドウの言う「ひと握りの強者」には該当するんです。 なんですが、カイドウはルフィの覇王色を見た時、キッドも覇王色を覚醒させていたことを思い出し、覇王色の覚醒者が多すぎるような旨の発言をしていましたよね。
お前もか……!! キッドのガキも”覇王色”………!! 何人もいらねェんだよ… 覇王なんて 第924話”は”
つまりカイドウにとって覇王色の覚醒者=強者というわけではなさそうです。 ということはこの17人の中から更にひと握りの、カイドウにとっても紛れもなく”強者”だと感じられるものだけが、覇王色を攻撃に纏わせることができるのだと思います。

予想!覇王色をまとえる者

では一体誰が覇王色を纏わせることができるのか…? 覇王色を纏わせた攻撃の特徴として、現在わかっているのは次の点でしょうか。 [box06 title="覇王色をまとった攻撃の特徴"]
  • 相手に触れずに攻撃ができる
  • 赤黒い稲妻のようなものが描かれる
  • 攻撃力が非常に高い
[/box06] 実際にあった描写などを踏まえながら予想と考察をしていきましょう!

確定キャラ

  1. ゴール・D・ロジャー
  2. エドワード・ニューゲート
  3. カイドウ
  4. シャーロット・リンリン
  5. モンキー・D・ルフィ
これら5キャラについては既に覇王色をまとった攻撃の描写がありました。 ロジャーと白ひげはおでんの過去編における対決で、カイドウとビッグ・マムは鬼ヶ島での衝突においてそれぞれ赤黒い稲妻のようなものを発生させていましたね。 ロジャーと白ひげの方は刃を触れることなく衝突していました。 カイドウとビッグ・マムについては刃が触れていないという描写、セリフはありませんでしたが、まとうことのできるカイドウとの衝突、また赤黒い稲妻の描写からビッグ・マムもまとえるということで確定でしょう。 そして1010話にて、ルフィもその境地にたどり着きました。

恐らくそうだと思われる描写のあったキャラ

  1. 光月おでん
  2. ロロノア・ゾロ
赤黒い稲妻や触れることのない攻撃の描写は見られないものの、恐らく覇王色をまとった攻撃をしているんじゃないか…?と思われるのがこちらの2キャラです。 1010話にて、カイドウはゾロの「鬼気九刀流阿修羅抜剣亡者戯」を受け、胸に大きな傷を負っていました。 そしてそのゾロに対してのカイドウの発言がこちらです。
くそ………!! あのガキ… …まさかお前も… ”覇王色”を……!!?
この発言から読み解くに、カイドウに傷をつけてダメージを与えるためには、覇王色をまとった攻撃である必要があるということではないでしょうか。 ゾロ自身には自覚がないようですが、もしゾロの攻撃が覇王色をまとっていて、かつ上に書いたとおりなのだとすれば、当然20年前にカイドウを切りつけたおでんも覇王色をまとった攻撃ができたということになります。 おでんはロジャーと白ひげが触れずに衝突したときに一番驚いていましたから、恐らくその時点では覇王色をまとう攻撃ができなかったものと思われます。 その後ロジャーの船に乗りましたので、そこで覇王色のまとい方をロジャーに教えてもらったのかも知れませんね。 まあおでんには覇王色を使った描写すらなく、アシュラ童子の言葉でしか言われていないのですが。

描写は無いが恐らく使えるキャラ

  1. シルバーズ・レイリー
  2. シャンクス
そしてこちらの2キャラは、覇王色をまとった攻撃をした描写こそないものの、おそらくできるのではないかと思います。 もしロジャーがおでんに覇王色のまとい方を教えたのだとすれば当然レイリーもできる可能性が高いですし、ゾロができたのだとすればそれこそレイリーができればなおのこと納得ができます。 またシャンクスも異常な覇王色の強さが描かれていますから、ほぼ確実に使えるでしょう。 ほぼ全員が武器にまとわせて使っているのに対し、ルフィだけが拳に纏わせているのが面白いですね!

武装色をまとうのと何が違うのか?

さあここまで覇王色をまとえそうな人物をまとめてみましたが、ところで気になることがあります。 つい最近、ヒョウ爺に教えてもらうことでルフィは「武装色」を纏わせることができるようになったばかりなわけですが、じゃあ覇王色をまとうのと何が違うのでしょうか…? ちょっといくつか考えてみようと思います。

覇王色も武装色も、まとい方の基本は同じ

「覇王色をまとえるようになるなら、せっかく武装色まとえるようになった意味なかったんじゃね…?」 私も一瞬このように考えましたが、ちょっと待ってください。 今回、いきなり覇王色をまとえるようになったルフィですが、まとうときに思い出していたのはヒョウ爺との修行中の言葉でした。 そしてその結果驚くほどすんなりと覇王色をまとった攻撃をカイドウに連続で繰り出していました。 ということは、覇王色のまとい方は実は武装色のまとい方と同じなのではないでしょうか? 私はまとえるわけではないので詳しいことはわかりませんが、恐らく覇気の使い方の感覚の部分が同じなのだと思います。

覇王色の覚醒者が武装色をまとうと、無意識に覇王色が混じってしまうことがある

そしてもう1つ気になることがあります。 過去にルフィが覇王色持ちのキャラと衝突した時のことを思い出してください。 チンジャオ、ドフラミンゴ、カタクリいずれも覇王色の覚醒者で強敵でしたが、ルフィと攻撃が衝突した際に赤黒い稲妻のようなものが描かれる描写がどの敵でも描かれていたと思います。 しかしルフィが覇王色をまとえるようになったのはつい最新話でのこと、これらの敵と対峙したときに使えるはずもありませんし、恐らく敵も使えないと思います。 この時まとっていたのは武装色の覇気ですし、それも流し込むようなものではなく普通の武装色硬化の方ですね。 ということは予想できるのは、覇王色の覚醒者がまとう武装色の覇気には、無意識的に覇王色の成分が混ざってしまうのではないか?ということです。 だとすればいわゆる”覇王色の衝突”がこれまでも描かれてきた理由がわかります。

覇王色の覇気は、他の色の覇気の延長線上にある

これらのことを踏まえると次の仮設が立てられます。 「覇王色の覇気は、武装色にも見聞色にもプラスして混ぜる事ができるのではないか」 覇王色の覚醒者であれば、その者が使う「武装色」「見聞色」にもそれぞれ覇王色の成分が無意識的に少しずつ混ざってしまうのかも知れません。 そしてその混ざる成分量をコントロールすることができるようになると、今回のルフィのように意識的に「覇王色をまとう」攻撃ができるようになるのでしょう。 だとすれば、その特徴はやはり触れずに相手にダメージを与えることですね。 覇王色の覇気の元々の効果が触れずに相手を倒すことでしたから、この辺りも繋がっているのかも知れません。 では見聞色に纏わせるとどうなるのでしょうか。 これも恐らく既に作中にヒントは出てきているのだと思います。 見聞色の覇気の1つ上のステージとして描かれていそうなのは「万物の声を聞く力」「少し未来を見る力」あたりでしょうか。 いずれも覇王色の覚醒者が使っていた能力ですので可能性は高そうですが、前者の方は少し特殊能力感がありますので、可能性としては後者の方が高そうかなと。 もちろんどちらも違う可能性もありますしね。   いかがでしたでしょうか。 今回は「覇王色をまとえるのは誰なのか」という切り口から、覇王色の覇気そのものについて少し詳しく考えてみました。 ここに来てまた新たな可能性を見せてくるワンピース、恐るべしですね。 ぜひみなさんのコメントもお待ちしております!]]>


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる