【ワンピース】ゴッドバレーにはもともと何があったのか?考察してみる

  • ゴッドバレー事件の概要
  • なぜロックスが居たのか?
  • なぜ天竜人が居たのか?
  • なぜガープが居たのか?
  • なぜロジャーが居たのか?
  • ウオウオの実はなぜそこにあった?
  • ゴッドバレーには何があったのか?
目次

ゴッドバレー事件の概要

ゴッドバレー事件は作中で一度だけ、センゴクの口から語られました。
運命の事件は38年前 「ゴッドバレー」で起きた 世界最強と呼ばれた”ロックス海賊団”がゴッドバレーという島で壊滅したと ニュースが報じたのだ!! ・・・・・ ーつまり真相は……!! 「ゴッドバレー」にて”天竜人”とその奴隷達を守る為 そこに居合わせたガープとロジャーが手を組み 「ロックス海賊団」を打ち破った事件!! それが「ゴッドバレー事件」だ 957話「ULTIMATE」
事件の概要について語られたのはこれが全てですが、最近になって補足で重要な情報が出てきました。 ・ゴッドバレー事件があった日、ビッグ・マムはカイドウに「ウオウオの実モデル青龍」をゴッドバレーで渡した これらのことを元に、当時のゴッドバレーには一体何があったのか?考えていきたいと思います。 まずは、事件に関わった人たちがなぜそこにいたのかを考察してみましょう。

なぜロックスが居たのか?

まずは事件の首謀者と思われる、ロックスです。 彼らは元々一つの儲け話のために集まった海賊団ですから、ゴッドバレーに関する噂を聞きつけてそれを奪いに上陸した、というのが最も可能性が高いでしょう。 それが宝なのか、はたまた情報なのかは現時点では全くわかりませんが…

なぜ天竜人が居たのか?

次に、天竜人です。 センゴクの言葉によると、「ゴッドバレー」にて”天竜人”とその奴隷達を守る為とのことなので、この事件において天竜人は守られた存在である様です。 誰から?というのは当然、ロックスからですね。 また奴隷達も連れていたことがわかっています。 ということは、”ゴッドバレーには天竜人がいる”というのが何かしらの情報としてロックスの耳に入った可能性が高いので、もしかするとゴッドバレーには一部の天竜人が住んでいたのではないでしょうか。 ”ゴッドバレー(神の谷)”という名前からも、神に等しい存在である天竜人が住んでいた名残が伺えます。 そしてもしかするとそこには、内容が世間に知られれば政府にとって都合が悪くなるような、実験や生活があったのかもしれません。 恐らく具体的には世界の禁忌である”空白の100年”に関する重要な何かが。 その情報を手に入れるため、ロックスはゴッドバレーを襲撃したのではないでしょうか。 つまり、ロックス海賊団は天竜人を襲って世界の禁忌に関する情報を入手するためにゴッドバレーを襲撃した可能性が高いです。

なぜガープが居たのか?

ガープは恐らく、ロックスがゴッドバレーを襲撃するという情報を聞きつけて出動したのではないでしょうか。 当時のロックス海賊団は世界最強の海賊団と言われていたほどですから、その動向について海軍は常にアンテナを貼っていたはずです。 そしてその行き先が、政府にとって非常に危うい存在である”ゴッドバレー”だとわかれば、間違いなく戦力を向けるでしょう。 ただしここで重要なのは、ガープはゴッドバレーに何があるのかを知らなかった可能性が高いということです。 ゴッドバレーで行われていたであろうことはガープにとって守る対象にならないですから、上層部からもこの内容はガープに伝えられておらず、ただ命令に従っただけな気がします。 そしてそこに何があったのか、自分が何を守ったのかを知ったガープは海軍内での出世を拒む様になるも、奇しくもこの事件をきっかけに世間から”英雄”と呼ばれる様になった、というところでしょう。

なぜロジャーが居たのか?

最も謎なのが、ロジャーです。 ロックスは襲撃のため、天竜人は居住のため、ガープは任務のためだとすれば話が通りますが、ここにロジャーがいた理由が全くわかりません。 ただセンゴクの口から「そこに居合わせた」と言われていますので、ロックスには関係のない目的だったのではないかと思います。 そこで、ロジャーがいた理由をいくつか予想してみましょう。
  1. 冒険をしていたらたまたま辿り着いた
  2. 世界の歴史を知るために訪れた

冒険をしていたらたまたま辿り着いた

まずは文字通り「たまたま居合わせた」という意味で、”ロジャー達が冒険をしていたら、そこでたまたま事件が起こったためガープと手を組んだ”可能性です。 字面だけ受け取ればまあ可能性として0ではなさそうですが、それでは物語が膨らみませんので、個人的には可能性としては低いと思っています。 それよりも、次の方が大本命です。

世界の歴史を知るために訪れた

ロジャー達がログポースの示す最終地点である”水先星島”に辿り着いたのは今から39年前、なんとゴッドバレー事件の前年なんです。 水先星島に辿り着いた後ロジャー達はどうしたかというと、”大きく冒険をやり直した”と言っています。 ということは、ゴッドバレーについたときは、ロジャー達が大きく冒険をやり直し始めて間もない時期だったということになりますね。 また”やり直す”というのも含みのある言い方で、過去に行ったことのある島にもう一度訪れた可能性も高いと思っています。 ということは、ロジャー達はゴッドバレー事件以前にもゴッドバレーを訪れたことがあったが、その時に何かを感じたために、大きくやり直す冒険の序盤で、再びゴッドバレーを訪れたのかもしれません。

ウオウオの実はなぜそこにあった?

ビッグ・マムがカイドウに渡した「ウオウオの実モデル青龍」ですが、どうして事件当日に、その場で渡すことができたのでしょうか?
  • 元々ビッグ・マムが所持していた
  • ロックス海賊団の誰かが所持していた
  • ロックス海賊団の誰かが前任者で、亡くなったためにそこで再生した
  • ゴッドバレーにあった

元々ビッグ・マムが所持していた

一つ目の可能性としては、以前からビッグ・マムが所持しており、それを別れ際にカイドウに渡したという内容です。 ビッグ・マムは既に「ソルソルの実」の能力者ですから、新たな実を口にすることはできません。 そこで、ビッグ・マムいわく”弟のように可愛がっていた”カイドウに、ロックス解散のタイミングで譲ったという可能性です。 展開として面白みは少ないですが、割とアリな展開なのかなと思っています。

ロックス海賊団の誰かが所持していた

続いてはビッグ・マム本人ではないものの、ロックスの誰かが実を所持しており、事件のどさくさでビッグ・マムが手に入れる機会があったため、それをカイドウに譲ったという可能性です。 カイドウに譲ったのは先程と同じ理由で、弟のように可愛がっていたからでしょう。 こちらも可能性としては先程と同等にはあると思っています。 が、もしそうだとすればそのことでビッグ・マムあるいはカイドウと元の所有者がなんらかの争いを起こしていても不思議ではありませんので、そう考えると元所有者は事件で亡くなってしまったか、あるいは次の可能性も見えてきます。

ロックス海賊団の誰かが前任者で、亡くなったためにそこで再生した

ロックスのメンバーの誰かが前任者で、亡くなったその瞬間に近くにあった果実に能力が宿って再生したため、ビッグ・マムがそれを手にしてカイドウに譲った可能性です。 これは一つ前の可能性の派生版にはなりますが、パンクハザードでわざわざ悪魔の実の能力者が亡くなった後に能力がどの様に宿るかの一部が描かれたので、どこかで関係してくるとは思っています。 そもそも”ゴッドバレー事件”ではロックス海賊団は壊滅したというのに、恐らく主力であったと思われる白ひげやビッグ・マム、金獅子らは誰1人亡くなっていませんからね。 むしろゴッドバレー事件で亡くなった人物の中に、当時ロックスに次ぐ危うさを持っている様な人物がいた可能性は大いにあります。 それがここである可能性も0ではありませんので、そこまで高い可能性ではないと思いますが、頭の片隅くらいにおいておいてもいいかもしれません。

ゴッドバレーにあった

これは少し視点が変わりますが、そもそも実はゴッドバレーにあったという可能性です。 ゴッドバレーでビッグ・マムが見つけ、それをカイドウに譲ったということです。 かつてハンコックが奴隷としてマリージョアに捉えられていた時、彼女らは”余興でヘビヘビの実を口にさせられた”と語っていました。 ゴッドバレーには奴隷達もいたようですから、同じように天竜人が余興として奴隷達に食べさせるために所持していた可能性は十分にあります。 しかし恐らく彼らは実の中身(なんの能力か)までは知らないのでしょう。 知らないからこそ、それを奴隷に食べさせることでどのように変わるのかを余興として楽しんでいたのだと考えられます。 青龍になる実なんて、奴隷が食べて下手をすれば自分達に逆らえる力を与えてしまう可能性が高いですからね。 というわけで、ゴッドバレーで天竜人が所持していた悪魔の実を運よくビッグ・マムが発見し、それをカイドウに渡したところ、それが運よく青龍の実だった、というのが最後の可能性です。

ゴッドバレーにはなにがあったのか?

今は地図にも載っておらず、実際に跡形もなく消え去ったとされている”ゴッドバレー”。 そこにはかつて、天竜人達によって世界の禁忌に触れるような生活が送られていたのかもしれません。 またロジャー達が2回も訪れている可能性があり、ラフテルへ辿り着くために必要な情報ももしかしたらあるのかもしれません。 となると、もしかしたら今後ルフィ達も訪れることになる可能性がありますね。 しかし、島は跡形もないと言われています。 もしかすると、現在は海中に沈んでしまっているのではないでしょうか? そしてそこに、最後のロードポーネグリフが眠っているのかもしれません。   いかがでしたでしょうか。 今回はゴッドバレーについてわかっていることをヒントに、かつて存在した”ゴッドバレー”という島の正体とそこに何があったのかを考察してみました。 皆様のご意見もぜひコメント欄でお聞かせくださいませ!]]>

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする