【ワンピース考察】ゾロの血筋は鈴後の大名「霜月牛丸」の一族だった!?

  • ゾロの故郷を作ったのは「霜月コウ三郎」だった!
  • 実はくいなは霜月家の末裔だったということに!
  • ゾロの親は誰なのか?霜月家?
目次

ゾロの故郷を作ったのは「霜月コウ三郎」だった!

96巻のSBSにて、ゾロの故郷である「シモツキ村」誕生の秘密が明かされましたね。 シモツキ村を作ったのは、ワノ国を代表する刀鍛冶「霜月コウ三郎」でした!
「閻魔」を作り光月の跡取りおでんに贈る 55年前海へ出る! ワノ国の侍たちの大冒険!! ”東の海”のある土地へ上陸 山賊から人々を救う 村人に剣を教えてたら恋しちゃった 住むことにする村を作る「シモツキ村」 息子コウシロウが生まれる 孫くいな生まれる というわけで、ゾロが接してた「村のジジー」とは、ワノ国出身の霜月コウ三郎じいさんというわけでした。 あれ?もしかして…ゾロの血筋って…!? 96巻SBSより
  村を作ったばかりでなく、幼いゾロがコウ三郎と直接会って会話もしていたのは驚きでしたね! そして自らが打った名刀「和道一文字」は息子のコウシロウへ、さらにその娘であるくいなへと受け継がれましたが、くいなが亡くなってしまったので巡り巡ってゾロの手に来たのですね。

実はくいなは霜月家の末裔だったということに!

コウ三郎の孫ということは、実はくいなは霜月家の末裔であったということがわかります。 「霜月くいな」というわけですね。 しかし、ここでいう霜月家がワノ国の大名家である「霜月家」のことではないので、くいな=大名家の血筋というわけではありません。
  • 「霜月家」にはいくつかの流派がある
  • コウ三郎は九里の一族と予想!

「霜月家」にはいくつかの流派がある

ワノ国編では、既に「霜月」という姓を持つキャラクターが複数登場していますね。 霜月康イエ、霜月リューマ、霜月牛丸、霜月コウ三郎など…   この中で、大名家だと判明しているのが「白舞の霜月康イエ」「鈴後の霜月牛丸」の2流派です。 そしてリューマは恐らく鈴後の先代の大名だと予想しています。   ということは、コウ三郎はどこの誰なのでしょうか…?

コウ三郎は元九里の大名と予想!

私は、コウ三郎は九里の出身だと考えています。 理由はゾロに教えた「捨名ッ知」が、九里の古い方言だということです。   そして、九里といえばおでんが治める前、荒れに荒れて無法地帯となっていたことがありましたね。 もしかしたら、コウ三郎はかつて九里の大名だったのではないでしょうか? そして55年前にワノ国を違法出国して東の海に行ってしまったため、大名が不在となり、やがて九里は無法地帯化していってしまった…。   だとすると、コウ三郎とともに出国した侍たちはかつての九里の侍たちであったのではないでしょうか?

ゾロの親は霜月牛丸な気もするが果たして…?

個人的には、ゾロの親は霜月牛丸ではないかと思っています。   霜月牛丸のシルエットがワノ国編に入ってからのゾロにそっくりなので、ゾロは牛丸の子供である可能性が高そうです。 その牛丸のさらに先祖にあたるであろうリューまとの繋がりもありますからね。   しかし先ほどの話を考えると、ゾロが牛丸との血のつながりを持つタイミングがないように思うのです。 コウ三郎と共に東の海に来た者の誰かの血族である可能性が高そうですので、普通に考えたらゾロのルーツは九里にありそうな気もします。   とはいえ、ゾロが名もない侍のちを引いているとも考えにくいので、ゾロがワノ国で生まれて東の海に連れて行かれたとするとギリギリ辻褄が合いそうですね。 だとすると、ゾロは鈴後の跡取りということになるのですごく複雑な気もしますが…

まとめ

ゾロのルーツを考えてみることで、ワノ国に複数存在している「霜月」の姓を整理することができました。 ゾロは「シモツキ村」を作った一族との血縁はありませんが、別の大名一族との血縁がある可能性が高くなりましたね!   もしかしたらコウシロウ先生はこのことを知っていたのではないでしょうか? そう考えると、幼少期のゾロが少し特別扱いをされていたことや、名刀「和道一文字」を預けたことも納得がいきますね!   気になるのはそれぞれの「霜月」姓の者同士の関係性ですね! ゾロが康イエの仇を必ず討つと言っていたので、もしかしたらこの霜月の横のつながりも血縁、あるいは親戚のようなものなのでしょう。 今後に期待ですね!   皆様からのご意見もお待ちしております!]]>

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする