【ワンピース考察】ロジャーがジョイボーイになれなかったのは○○だから!?

  • ジョイボーイについて現状わかっていること
  • ジョイボーイの役割は何?
  • 今後、ジョイボーイになるのは誰なのか?
目次

ジョイボーイについて現状わかっていること

ジョイボーイの名前がはっきりと登場したことは、実は多くありません。 まずはその名前が登場したシーンをまとめてみましょう。

ジョイボーイの名前が登場したシーン

  • ロビン『「ジョイボーイ」って誰?』649話
  • ロジャー『ジョイボーイおれは……!!お前と同じ時代に生まれたかった』967話

ロビン『「ジョイボーイ」って誰?』 649話

ジョイボーイの名が作中に初登場したシーンですね。 ロビンがネプチューン王に対して、歴史の本文に書いてあった内容について質問し、ネプチューン王が重要なことを教えてくれています。 ジョイボーイというのは”空白の100年”に実在した地上の人物なのじゃもん あの文章は当時この島におった”人魚姫”に宛てられたものじゃもん 魚人島との約束を破った事への謝罪文だという… 内容は詳しく伝わっておらんがいずれ必ずジョイボーイに代わって約束を果たしに来る者が現れる ーそれがわしら王族に伝わる伝説… じゃから我々はその日を信じ…先祖代々「ノア」を見守り続ける事が彼との約束 来るべきその時 初めて巨船「ノア」は使命を授かるんじゃもん…!!!   情報が多いですが、整理すると次のようなところでしょうか。 ・ジョイボーイは空白の100年に存在した人物 ・ジョイボーイはノアを使って何かをする約束を、魚人島としていた ・実際にノアを扱うのは海王類であり、それを操れるポセイドン(人魚姫)だった   このことから、ノアはジョイボーイが造ったと考えられるのではないでしょうか? しかし何かの理由でそれを活用する事ができなくなってしまったために、約束をしていた魚人島・人魚姫に謝罪文を書き、自分の意志を継いでくれる人物に託した… しかしそれが800年以上現れていない…   といったところでしょうか?  

ロジャー『ジョイボーイおれは……!!お前と同じ時代に生まれたかった』967話

再びジョイボーイの名前が登場したのは、おでんの過去編でのロジャー海賊団の冒険記の中でした。 まさかのラフテルについたときに、その名が再登場しましたね。 ジョイボーイおれは……!! お前と同じ時代に生まれたかった とんでもねェ宝を残しやがって…!!! とんだ笑い話だ!! ーなァみんな800年誰も行きつけなかったこの「最後の島」に こんな名前をつけねェか? ”ラフテル”と   情報を整理すると、次のようなところでしょうか。 ・ジョイボーイはラフテルに宝を残した張本人? ・ラフテルができた(宝が残された)のは800年前   もしラフテルの宝を残したのがジョイボーイであるとすると、いよいよただ者ではありません。 というか、そもそもロジャーが残した宝ではなかったということになりますね。  

ジョイボーイのことじゃないか?と思われるシーン

続いては、明記はされていないものの「これってジョイボーイのこと?」と思われるシーンを紹介します。
  • 海王類『直すにはあの一族の力が必要だがー時代が変わった…』648話
  • 海王類『遠い海でも生まれるね…』968話

海王類『直すにはあの一族の力が必要だがー時代が変わった…』648話

魚人島編で、ルフィが半壊させたノアを海王類達が持ち帰っている時のシーンです。 もしノアを造ったのがジョイボーイなのだとしたら、直す事ができるのもジョイボーイの一族なのでは無いでしょうか。 舟はボロボロだ… 直るかな…ちゃんと使えるかな さあ…… 直すにはあの一族の力が必要だがー時代が変わった…… 直るかな 直るといいね 約束の時までに   整理してみましょう。 ・ジョイボーイとは「一族」という単位で括られる者たちなのか? ・約束の時=ジョイボーイが人魚姫と協力する時   「一族」とは家族なのか、それとも「Dの一族」的な事なのか、それともそれ以外なのか… 個人的には「Dの一族」がしっくりきますが、それにしては候補が多すぎる気がします。 もう少し具体的な部分がわかってくるのを待ちましょう!  

海王類『遠い海でも生まれるね…』968話

おでんの過去編で明かされた海王類どうしの会話のシーンです。 言い回しが独特なこともあり謎が多いですが、恐らくこれはジョイボーイのことを指していると予想されますね。 生まれるよ…!! ぼく達の王が生まれるよ… 遠い海でも生まれるね… 2人の王がまた出会う日を クジラ達も喜んでいる ぼくらもずーっと待っていた あと少し 今度はきっとうまくいく   整理してみましょう。 ・ぼく達の王=人魚姫(しらほし) ・2人の王のもう1人=ジョイボーイ(?) ・「今度はきっとうまくいく」とは、800年前に約束を果たせなかった時のことを指している   ここから、世界をひっくり返すためには、ジョイボーイが人魚姫と組んでノアを扱う必要があるという事が予想されますね! ロジャーがジョイボーイになれなかったのは、人魚姫が存在していない時期にラフテルに行ってしまったから…?(=「俺たちは早すぎた」)

ジョイボーイの役割は何?

ここまでの内容から、ジョイボーイの役割はずばり「ノアを扱って魚人島との約束を果たす事」でしょう。 その上でラフテルに行くことで、世界をひっくり返す事ができるのではないでしょうか。   またジョイボーイというのは個人の名前ではなく、「海賊王」のように一定の条件を成し遂げた人物が名乗ることのできる称号のようなものだと思います。 つまりロジャーはタイミングが合わなかったためにジョイボーイにはなる事ができなかったわけです。

今後、ジョイボーイになるのは誰なのか?

普通に考えれば、これはルフィのことでしょう。 ルフィは魚人島との関係性もありますし、マダム・シャーリーの予言の件(麦わらを被った海賊が魚人島を滅ぼすというもの)もあります。 また「クジラ達も喜んでいる」のクジラがアイランドクジラのことを指しているとすれば、ラブーンとの関係性もありますね。   これだけの条件が揃っていますしましては主人公ですので、まあルフィがジョイボーイになるのはほぼ間違い無いでしょう。   しかし尾田先生のことですので、ストレートにルフィをジョイボーイにするのではなく、何か紆余曲折がある可能性は十分にあり得ます。

まとめ

ジョイボーイという人物を考えてみたら、歴史上に果たしてきた役割がとても大きな人物であったということがわかりました。 特に海王類や魚人島との関わりが多いので、今後また魚人島に焦点が当てられる時がくるのでしょう。 そのときには海王類の謎も、少しは明かされるのかもしれませんね!   皆様からのご意見もお待ちしております!]]>

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • ラフテル・・
    ジョイボーイ・・
    笑い話・・
    喜び楽しむ少年・・
    もうルフィの姿しか浮かばないですね(笑)

コメントする